循環型社会に向けて

自動車リサイクルは、地球上の限りある資源の有効活用と持続可能な循環型社会の構築へ繋がります。

現在、日本では年間約400万台の使用済み自動車(廃車)が発生しています。

使用済み自動車には有用な金属・部品が含まれ、資源として価値が高いものであることから以前から素材や部品としてリサイクルされてきました。

一方で、不法な投棄や不適正な処理で流れ出した有害物質やフロンガスによる土壌・地下水の汚染、オゾン層の破壊等、地球環境への影響が懸念されています。

この問題に対応するため、2005年に日本初の「自動車リサイクル法」が施行されました。

リサイクル部品とは、使用済み自動車から取り外された再利用可能な部品を指し、部品に点検・清掃・美化をした“リユース部品”と、磨耗・劣化した部品を交換、補修して、新品と同程度の性能に仕上げる“リビルド部品”があります。

このように部品を再利用することで、新品部品を生産する際の資源やエネルギーの消費、また、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑制することができるため、地球温暖化防止や環境保全に大きく貢献します。

わたしたちJARAは、環境負荷の少ない自動車リサイクルを通じて、地球や子供たちの未来のために「自動車循環型社会作り」を積極的に進めてまいります。

リサイクル部品を使用するメリット

  1. お財布に優しく経済的

    部品や修理内容によりますが、新品部品で修理する場合のおよそ30~50%に費用を抑えることができます。

  2. 環境に優しい

    新品部品と異なり、リサイクル部品は新たなエネルギーをほとんど使用しないため、CO2削減や環境保全に大きく貢献します。

  3. 高品質&保証で安心

    すべての部品に点検・洗浄・美化を施し、品質確認を行っています。(保証期間は、商品により異なります。)

Access Code