会社概要

TOP > 会社概要

経営理念

1:お客様から「ありがとう」をたくさんもらえる企業へ
基本理念「循環型社会の形成への貢献」の為には、まずは当社商品・サービスに対し、お客様の極めて高いご満足を得ることが前提となります。常にお客様に対し誠実で正直な、そしてレスポンスの良い企業であり続け、お客様から 一つでも多くの「ありがとう」をいただける企業を目指します。
2:関係先すべてから「ありがとう」をたくさんもらえる企業へ
企業も人と同じで決して一人では生きていけません。株主様をはじめ当社を支えてくださる全ての関係先の存在が当社の事業の前提となります。法とその精神を遵守し、フェア(fair)でフェイスフル(faithful)な関係構築を図り、関係先の皆様から一つでも多くの「ありがとう」をいただける企業を目指します。
3:社会すべてから「ありがとう」をたくさんもらえる企業へ
最適な自動車リサイクルの仕組みを世界に広げていくことで、地球規模での永続的な循環型社会の構築に貢献し、社会から一つでも多くの「ありがとう」をいただける企業を目指します。

ページのTOPへ

会社情報

会社名 株式会社JARA   (日本自動車リサイクラーズ・アライアンス)
本社所在地 東京都中央区日本橋1-2-2
資本金 10,000万円
設  立 2003年
社員数 39名
拠点数(6) 東京本社、支社(名古屋、長浜)、支店(豊橋、仙台)、沖縄出張所
■ 本 社
  Tel:03-3548-3010
〒103-0027
東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル7F
【MAP】
古物商許可証 東京都公安委員会 第301040709166号
□ 名古屋支社
  Tel:052-446-5400
〒450-0002
名古屋市中村区名駅4-23-13 名古屋大同生命ビル10F
【MAP】
古物商許可証 愛知県公安委員会 第541051402300号
□ 長浜支社
  Tel:0749-65-6886
〒526-0014
滋賀県長浜市口分田町460-3 AERビル1F
【MAP】
古物商許可証 滋賀県公安委員会 第60111H150018号
□ 豊橋支店(システムセンター)
  Tel:0532-39-4481
〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通1-68 静銀ニッセイ豊橋ビル4F
【MAP】
□ 仙台支店
  Tel:022-390-9585
〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町8-1 斎喜センタービル515号
【MAP】
古物商許可証 宮城県公安委員会 第221030002442号
□ 沖縄出張所
  Tel:098-996-3288
〒901-0306
沖縄県糸満市西崎町5-6-32 豊通リサイクル株式会社内
【MAP】
主要株主 豊田通商株式会社
代表者 北島 宗尚
事業内容 自動車リサイクル部品流通管理システムの開発と管理運用
全損車両及び使用済み車両の情報処理と適正処理の指導
自動車リサイクルビジネスのコンサルティング
関連会社 株式会社RECOジャパン
株式会社BBF

ページのTOPへ

沿  革

   
1998年 7月
  • ・豊田通商(株)事業開発部は豊橋出張所を開設(エコライン)
  • ・「産業廃棄物マニフェストシステム」および「使用済自動車マニフェスト管理システム(ECS)」の開発を開始(エコライン)
1998年12月 ネットワークシステムを開発し運用開始(エコライン)
2000年12月 解体事業者の開発要請に応え、リサイクルパーツ流通システム 「エコライン パーツ システム」を開発(エコライン)
2001年 1月 「ELV使用済自動車処理管理システム」を開発(エコライン)
2001年 4月 (株)エコラインを設立、豊橋市に(株)エコライン豊橋システムセンターを設置(エコライン)
2001年 8月 (株)ビッグウェーブが「エコライン パーツ システム」を採用(エコライン)
2001年10月 全国のトヨタ部品共販店へリサイクルパーツの提供を開始 (エコライン)
2002年 4月 「産業廃棄物マニフェストシステム」の後継システムとして(株)デンソーと 「Eco-Manage」の共同開発(エコライン)
2002年10月 「リパーツダイレクトシステム」の運用を開始 (エコライン)
2003年 4月 トヨタ自動車(株)に「エコマネージ」を提案、「トヨタ自動車(株)仕様」を開発(エコライン)
2003年 6月 第29回オートサービスショー2003出展(SPN)
2003年 7月 NGPグループがエコラインシステムを「NGPシステム」として採用(エコライン)
2004年 1月 ARNグループ在庫共有開始(SPN)
2004年 6月 「リーパーツダイレクトシステム」を開発(エコライン)
2004年 7月 RECOジャパンサイトOPEN(SPN)
2004年10月 部品取り車のネットオークションシステム「リパーツドカーオークション」を開発(エコライン)
2004年11月 本社を名古屋市牛島町から豊橋市西幸町に移転、関東営業所を埼玉県さいたま市に開設
2004年12月
  • ・翼システム(株)との相互部品流通開始(SPN)
  • ・QRコードによるリサイクルパーツの在庫管理システムの運用を開始(エコライン)
2005年 2月 トヨタ L&F製自動倉庫との連動機能を開発(エコライン)
2005年 4月 SSGグループ会社へのシステム導入開始(SPN)
2005年 6月 NGPシステムの業務受託終了(エコライン)
2005年 7月 旧)リ総研グループ会社へのシステム導入開始(SPN)
2005年 8月 (株)ビッグウェーブ、(株)SPNとのリサイクルパーツの相互販売提携を発表(エコライン)
2005年11月
  • ・BSサミットグループへのリサイクル部品供給開始(SPN)
  • ・「リパーツドカーオークション」の試験運用を開始(エコライン)
2006年 1月
  • ・(株)SPN((株)BBF)と「スーパーエコラインシステム」共同開発合意、開発開始(エコライン)
  • ・ニッセイ同和損害保険(株)と「リパーツドカーオークション(RCA)」への損害車両の出品について提携(エコライン)
2006年 3月
  • ・3団体合同ニュース「環境流通新聞発刊」(SPN)
  • ・商品情報案内「トレイサビリティ」システム開発(SPN)
2007年 1月 東京オートサロン出展(千葉:幕張)(SPN)
2007年 2月 相互流通4億円突破(開始後9ヶ月)(SPN)
2007年 4月 韓国オートエコ社提携記者会見(東京:丸の内ホテル)(SPN)
2007年 6月 (株)Gインターナショナル「くるデパ」サイトとの提携発表(SPN)
2007年 7月 第一回日韓合同基礎研修会(仙台:泉が岳)(SPN)
2007年 8月
  • ・フィリピン第一回マニラ国際モーターショーに出展(SPN)
  • ・「世界の子供にワクチンを日本委員会」ワクチンプロジェクト開始(SPN)
2007年 9月 上海 中国・韓国・日本合同「アジア循環型環境フォーラム」発起(SPN)
2007年11月
  • ・第一回マニラオートサロン「SPN賞」協賛設置(SPN)
  • ・ロシアJAPANCAR社との提携発表(第20回SPNクラブ総会)(SPN)
2007年12月 ジャプラ「CO2プロジェクトグリーンポイントクラブ」参加調印(SPN)
2008年 10月
  • ・第一回トップマネージメント研修会終了式(SPN)
  • ・「世界の子供にワクチンを日本委員会」ワクチンプロジェクト開始(SPN)
  • ・「日本・中国・韓国アジア自動車環境フォーラム」第一回韓国大会出席(韓国ソウル)(SPN)
2008年11月 オーストラリア 自動車リサイクラーズ国際会議(コスフハーバー)(SPN)
2008年12月 「第二回アジア自動車環境フォーラム日本」準備委員会会議発起(SPN)
2009年 4月 環境大臣への陳情出席(SPN)
2009年 5月 コベルコ建機株式会社「資源リサイクル会」パネラー出席(SPN)
2009年 7月 オーストラリアASV社と業務提携(SPN)
2009年10月 名古屋分室を海部郡七宝町から名古屋市中村区に移転(エコライン)
2009年11月 第二回アジア自動車環境フォーラム開催(仙台・東北大学)(SPN)
2009年12月
  • ・韓国資源環境協会訪問・株式会社オートエコ社訪問打合せ(SPN)
  • ・本社を豊橋市西幸町から名古屋市中村区に移転(エコライン)
2010年 7月 豊橋システムセンターを豊橋市西幸町から豊橋市大橋通に移転
2010年 8月 スーパーライン東北 100%子会社(SPN)
2010年11月
  • ・エコライン、ビッグウェーブ、RECOジャパン連動スタート(SPN)
  • ・ISO9001認証取得(SPN)
2011年 4月 東日本大震災 被災車両移動・引上ボランティア活動実施(2011年4月~2012年3月)(SPN)
2011年11月 3グループハイブリット研修会(トヨタ自動車大学校)(SPN)
2012年 1月 (株)ビッグウェーブ、(株)SPNとパーツ流通強化を目的にアライアンス「BEST」結成を発表(エコライン)
2012年 5月
  • ・長浜本社から東京都中央区日本橋へ本社登記移転(SPN)
  • ・『Automobile Total Recycle System(ATRS)』を開発。入庫車両の収支管理を含めた一元管理を実現 (エコライン)
2012年 7月 (株)TAU社に対しリサイクル部品販売システムを提供(SPN)
2012年11月 第5回AAEF国際会議参加(オーストラリア)(SPN)
2013年10月
2014年 1月
2014年 4月 ㈱SPNと㈱エコラインが合併、株式会社JARAに社名変更

ページのTOPへ